Counter

Kit the genius'
☆ 1日1枚 

Fujifilm Finepix4500 Camedia C-4100

家路 2004/01/07 WED
 今日も禁足、唯一の外出は駅前の本屋とタバコ屋だけ。せっかくの好天も、北向きの書斎に閉じこもっていてはメシのおかずにもならない。喫煙室(=ベランダ)の1時間おきの休憩だけがお天道様との対面時間だ。なんだか、留置場にいる気分だな。
 お散歩ネットのMLでhanaちゃんと淳さんが呼びかけてくれたお陰で、25日の西伊豆撮影会開催のメドが立った。参加者11名でぎりぎりのクリアである。
 どうも、参加者がいつもより少ないのは、渋谷午前7時という集合時間にあるようなので、ちょっと遅らせることを検討している。現地での撮影ポイントはだいたい決めてあるし、狭い範囲を移動して回るだけなので、それほど時間に縛られなくてもいいはずだ。当日、富士山が雲に隠れていた場合の対応策を検討するため、来週にももう一度現地を下見するつもり。いくつか候補地があるので、まあ大丈夫だろう。
 こないだ、ある同業者から、「どうして金にもならん撮影会なんかやるの?」と聞かれた。確かに金にはならんよな。下見なんかしていた日にゃ大幅赤字だわ。どうしてなんだろう?ボクにも分からん。でも、このメルマガだって、広告を一切拒否しているし、金にはならない。楽しみでやっていることで金を稼ぐのが後ろめたく感じる・・・ということかなあ?
【使えるワザ】  もう日も落ちてあたりはそろそろ暗くなる時間だ。線路の向こう側にはジャズバーと寿司屋があって、そこにはもう灯が点っている。
 手持ちの1/2秒は辛い。東武線をまたぐ陸橋の上からの撮影だが、車が通るたびにけっこう揺れるので、車が途切れたときと下を人が通るときのタイミングを合わせる必要があり、この1枚のために10分ぐらい待った。幸い、帰宅通勤の時間帯なので、電車はひっきりなしに通る。
 陸橋の手摺りのところにカメラを押し付けて撮っている。この明るさだと、感度をISO400に上げたところで1/8秒までしかシャッタースピードは速まらないわけだから焼け石に水だ。それより画質を優先したほうがいい。
 低速シャッターで手ブレを防ぐ方法は、これまでにもいろんなワザを書いてきたので読み返していただければいいが、一番重要なことは「練習」である。なにかの上にカメラを置く、電柱などに押し付けるといった簡単な方法でも、三脚と違ってブレるときはブレる。1ヶ所でしかカメラを支えていないのだから当然だ。それをブレさせないように撮るのは、訓練以外のなにものでもない。フィルム代がかかるわけじゃないんだから、バシャバシャ練習すれば不思議とブレなくなるもんだよ。家の中でもできるしね。
撮影データ
カメラ Camedia C4100
撮影日 2004/1/7
ISO感度 100
絞り値 F2.8
シャッター 1/2
露出補正値 -0.7
WB オート
R(-),B(+)
その他 絞り優先AE
コントラスト0
彩度+5
バックナンバーは
「天才キットのフォトギャラリー」
に展示してあります。

表示されないときはこちら
毎日、多数のメールが寄せられるので、直接のご返事は原則としてご勘弁いただいています。数日遅れになることもありますが、下のコラムに掲載してご返事とさせていただきます。ただし、実名は掲載いたしません。ご了承ください。
天才キットが送るメルマガ


もどうぞよろしく!
購読解除はこちら
読者からのメールや質問やヤジ
▼淳さんから▼
 淳さんです。東京撮影会・組写真見ました。
 今まで起承転結でテーマを決めて撮ったことがなかったので、皆さんの写真を見て、先生の講評を読み、目からうろこ状態です。撮影会には参加できなかったですが、とても勉強になりました。今度そういう視点で撮ってみます!


▼KAHOちゃんから▼
 組写真、実はなんのテーマも考えていなかったことを見透かされていて、ひゃぁぁぁ!という感じ。
 つるさん、おみごと!チエコさん、すごい、すごい!吉おばちゃん、すてきでしたねぇ!吉おばちゃんの写真ってとても光ってるんですもの。テーマをもって、思い入れを持っていたりしたら、鬼に金棒!!!

 キット先生、講評ありがとうございました。組写真、もっと意識的に取り組んだらとっても楽しいだろうな、と思いました。また企画してください。


▼パミールさんから▼
 12月の撮影会ではお世話になりました。パミールでございます。
 遅ればせながら、東京組写真撮影会、皆様の写真拝見いたしました。

 皆様の写真もすばらしいですが、対するkit師匠様のコメントもすばらしいです。目から鱗が落ちまくりました。
 わたくしは、帰宅してからデジカメの取扱説明書を読み直し、「おお、こういう風に使うのか」と感動しました(撮影会前に読んでおくべきでしたが)。今年はお散歩デジカメを心がけようと思っております。しかし、なかなか掲示板に投稿する勇気が・・・・。

 撮るのが楽しい!という気持ちを忘れずに撮りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


▼たーちゃんから▼
 キット先生、こんばんは。たーです。
 先ほど、東京撮影会の講評を見せていただきました。
 はじめにドキドキしながら自分のものを、次に皆さんのものを、そしてもう一度自分のものを見ました。講評会に参加しなかったのでひとつずつ丁寧に講評してくださったんですね。大変勉強になりました。ありがとうございましたm(__)m

 自分のものだけではなくて皆さんへのコメントも大変参考になりました。今回はじめて参加してみて、みなさんへのコメントの読み取り方も以前とは違っている自分に気が付きました。やはり参加することってすごいんだなー!皆さんもぜひ参加しましょうと言いたいです。


▼コージくんから▼
 キット師匠、明けましておめでとうございます。コージです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 東京「組写真」撮影会の作品講評、大変丁寧にわかりやすく解説をいただき有り難うございました。
 「組写真」への取り組みは初めてだったのですが、皆さんそれぞれの視点での東京を、じっくり味わうことが出来ました。単写真では表せない物語性を「組写真」にすることで表すことが出来ると言うことが大変勉強になりました。これを機会に小説家の感性を持って、この「組写真」にもチャレンジしてみようと思います。これからもこのような企画をよろしくお願いします。


▼あきこちゃんから▼
 東京組写真、拝見しました。
 みなさんのテーマと組写真、それぞれに味わいがありました。それらに付けられた先生の講評を読んで深く感じたことは、写真というのは知識や技だけではない知性、感性、品性、教養、勇気総動員しての表現なのだ、ということです。今頃わかったの?と言われそうですが、講評から理解したことです。
 枠組みの中の表現としては俳句や短歌にも近いような気もしました。

▼アントワネットさんから▼
 組写真撮影会、および忘年会でお世話になりました。遅ればせながらお礼を申し上げます。

 今までデジカメは一家に一台で十分だと思っていましたが、小金がたまったら自分専用機を買ってみようかな、という気がしてきました。もっともわたしはどケチの大阪人なので、購入にいたる道のりは長そうです。

 組写真は、実はテーマを決めて撮っていったのに、テーマにそった写真はどうしようもない出来で、結局は気分転換に撮った写真からマシなのを選び、出来合いのテーマをつけて提出することになりました。いくらカメラ技術が発達しても、わたしの腕じゃその辺が関の山でした。

 ボブは、テーマは日本・東京といえば新幹線しかなく、だから新幹線ばかり撮ったんだと抗弁しております。また「雪の中のSL」とかローカル線特集とか、ボブが小躍りする撮影会も企画してください。
▼返信▼
  こないだの東京・組写真撮影会の作品に対する感想特集第2弾です。
12/21に行なわれた、東京組写真撮影会の参加者の作品を
展示しました。こちらからご覧ください。ご意見、ご批評などい
ただければ幸いです。
≪お散歩ネット・Kit-Photoグループ≫
 お散歩ネットは、撮影会に参加した人たち、いつかは参加しようという人たちのメーリングリストです。メールでの情報交換、画像掲示板を使った写真のけなしあいなどが連日行なわれています。メンバー数もどんどん増えています。
現在の会員数は99名です。
最年少は小学5年、
最高齢は70歳以上、
デジカメ好きなら誰でも歓迎!
kit-photoグループに参加しませんか?
投稿写真をけちょんけちょんにけなすコーナー
▼tontaさんの投稿写真▼
始めましてtontaと申します。50代後半になって 初めて構図に興味を持ち考えながら撮りたいと思うようになりました。どうか「けちょんけちょん」にお願いいたします

【まんどんのパパさんの感想】
 tontaさん、初めまして! (^-^) クロスフィルターが有効な1枚ですね。
 でも少し暗めに仕上がっているかな?っと、思いました。 でも、このアングルは、迫力がありますね。

講評
 クロスフィルターを使って光芒を強調した意図はよく分かりますが、光芒の向きが悪かったですね。クロスフィルターは前枠を回転させることによって光芒の方向を変えることができますので、塔に対してやや斜めになるようにしてやればよかったと思います。すぐ下の文字の部分や、一番下の展望台の明かりと光芒の線がほとんど平行になってしまっているので、非常に作偽的な印象になってしまいました。

 まんどんのパパさんの感想にもあるように、露出がややアンダーです。そのためにイルミネーションの輝きが沈んだ感じになってしまっています。夜景を撮るときの露出は、光の色を犠牲にせずに、なおかつ、光の輝度を描写しないといけないので、とても微妙なものなのです。ですから、こまめに露出補正をしながら、何枚も撮っておくことが大切です。

 構図的には、横位置で撮っているために、塔の高さが感じられない写真になっています。参考画像にように縦位置で撮ってやれば、横の空間が狭まる分、高さの印象が強まります。塔をわざと傾けて作画したのは正解です。真っ直ぐだと変化に乏しい、つまらない構図になってしまうところでした。

表示されない場合はこちら
海の幸と富士山とくれば、
撮影どころじゃないかもしれない大会


参加者が10名に達したので開催することに決定しました。
集合時間、解散時間をそれぞれ30分変更します。
引き続き、申込みを受け付けます。
1月の撮影会は西伊豆の海岸線を巡りながら、富士山や冬の海の風景を撮影します。東京からはバスを仕立てますので、講評会も車内で行ないます。

日時:1月25日(日)午前7時30分渋谷集合、帰着は午後9時30分予定(日没と同時に沼津発)
撮影場所:沼津市内、戸田町内
会費:3000円+バス代(85,000円を人数割り)+各自食事代
講評会:帰途の車中でテレビに画像を投影しながら行ないます。飲み物などを持ち込んで、楽しくやりましょう。

申込みはこちらから。

撮影会の地方シリーズ参加者を募集中です。
第2回中京シリーズ
2月28/29日
愛知県伊良湖岬
申込み

現在、申込み18名です。
第1回関西シリーズ
4月10/11日
奈良県吉野山
申込み

現在、申込み13名です。
撮影会ネットの撮影会は、デジカメ初心者のための撮影会です。
ネット会員以外の方も数多く参加されています。
できるだけお金をかけないで、写真と仲間同士の交流を楽しむことが目的です。
「写真が表示されない」「投稿できない」など、操作上のトラブルに関するQ&Aを設けました。
困ったことがあったらまずこちらへ。