このメルマガはHTML形式で配信されており、テキスト形式では画像が表示されません。メールソフトの受信設定をご確認ください。

Counter



勝鬨橋より 2004/09/30 THU(No.530)

 台風による豪雨と強風は夜のうちに関東地方を通り過ぎて、朝には、やや風は強いもののピーカンの上天気に変わっていた。ほんとなら今日は松之山に稲刈りの取材に行くつもりだったのだが、明日、親父を新しい施設に引越しさせないといけなくなったのでキャンセルせざるを得なくなり、突然スケジュールに1日の空白ができた。スケジュールといっても、何もなければたいがいはちょっとしたお散歩と、あとはパソコンの前に終日鎮座ましましているだけだから、特に影響があるというわけではない。しかし、松之山もそうそう何日も待ってくれるわけではなく、天気がよければ稲刈りは一気に終わってしまう。この秋の取材ができなければ1年待つことになるわけで、いささか心中穏やかならざるものがある。
 せっかくお天気がよくなったので、東京ミニ撮影会に参加することにした。関西から砂名ちゃんが上京するというので、hanaちゃんが中心になって呼びかけたら6人集まった。お昼過ぎに月島に集まり、もんじゃとビール、ときどき撮影という、撮影会とは名ばかりのものではあったが、夕方までけっこう楽しい時間が過ごせた。
撮影データ
カメラ

OLYMPUS
Camedia C4100
撮影日 04/9/30
ISO感度 400
絞り F2.8
シャッター 1/15
露出補正値 -1.0
WB 晴天
露光方式 絞り優先AE
測光方式 分割測光
合焦方式 スポットAF
焦点距離 19.1mm
その他 手持ち撮影
レタッチソフト 縮小専科


バックナンバーはこちらで。


表示されないときはこちら
毎日、多数のメールが寄せられるので、直接のご返事は原則としてご勘弁いただいています。数日遅れになることもありますが、下のコラムに掲載してご返事とさせていただきます。ただし、実名は掲載いたしません。ご了承ください。
天才キットが送るメルマガ
もどうぞよろしく!

購読解除はこちら
【使えるワザ】
 夕景を撮影しようということになり、月島近辺で撮影場所を探した。仕事中の淳さんに電話で聞いたら(淳さん、ごめんね)、トリトンのてっぺんに上れば東京中が見渡せるというので、晴海通りをとことこ歩いて行ってみた。しかし、トリトンはオフィスビルなので3階より上はパスがないと上れない。晴海通りをとことこ勝どきまで戻って、勝鬨橋のたもとで夕景を撮った。
 勝どきから東京タワーまでの距離はせいぜい2、3キロというところだろうから、そんなに離れているわけではないが、普段、タワーがこんなにくっきりと見えるということはめったにない。霞んで見えるのでずいぶん遠くに感じるのだ。しかし、昨夜の強風のお陰で今日はくっきりだった。日が沈んでから真っ暗になるまで、かれこれ1時間半ばかりここで夕景、夜景を撮っていた。
 1/15秒の三脚なしなので、カメラを川岸の防波堤の上に置いて撮っている。平らな部分なので水平が狂う心配はないが、カメラを置いただけでは上下の画角調整ができないから、ストラップをカメラの底の前の部分にかませて、レンズが若干上向きになるようにしている。ストラップを二重にしたり三重にしたりして調整すればいい。コツは、シャッターを優しく押すこと。我慢強い人なら10秒のタイマーを使えばぶれることはない。
!緊急告知!
茅刈りボランティア募集!
松之山在住の友人、木暮さんが中心になって、
萱葺き民家の保存、復元活動に取り組んでいます。
応援してくださる方を募ります。
以下は、母体となる「奥越後茅屋根応援団・茅屋(KAYAYA)」の
パンフからの抜粋です。ボクも参加します!
ご一緒しませんか?
私たちは松之山町に在住している者です。
松之山町は日本屈指の豪雪地帯です。
ここには雪国ならではの生活文化がさまざまに息づき、
茅葺き民家もその生き証人のひとつです。
でも、目の前で茅屋根民家が壊されるのをせつない思いで、何度も見てきました。
そんなせつなさから、茅屋根を保存・復元していこまいかと、
「奥越後 茅屋根応援団 茅屋(KAYAYA)」を立ちあげました。
この地に生きてきた人々の小さな茅葺き屋根は、
頼母子講や結いなどで、村人たちが助け合いで維持してきました。
それに習い、茅屋根民家に住む人達とそれに関心を寄せる人達が協力し合うことで、
茅葺き民家の誇るべき景観や屋根葺き技術、そこでの暮らしを
未来につなげていきたいと思っています。
いま私たちは、手探りの状態で活動を開始したばかりです。
今後、茅屋根の構造、材料調達方法の今昔、所有状況、所有者の意識などを調査し、
茅葺き民家の保持・復元に何が有効か、模索していくつもりです。
金も知恵も乏しい私達は、まず汗を流すことを選びました。
茅刈りボランティアを募集します。
今後、茅場の復元や屋根葺き作業などの活動を継続していく計画でいます。
■期日
10/23-24、10/30-31、11/6-7のいずれかに参加してください。
■宿泊
松之山町の古民家にての民宿。食事や交流会での料理は、地元産有機無農薬の米や野菜が食材です。
■参加費、宿泊費
1泊4食つき2,800円(ボランティア保険含む)
交流会の酒代は実費。酒、名産品、手料理などの持ち込み歓迎。
2泊以上の連泊を希望の方は1泊3食2,000円。
温泉入浴料は別途400円。
■スケジュール
1日目
10:00 浦田克雪センター集合
10:30 説明会・茅刈り開始
12:00 昼食
13:00 茅刈り再開
17:00 仕事終了
18:00 松之山温泉入浴
19:00 夕食交流会
22:00 就寝
2日目
06:30 朝食
08:00 茅刈り開始
12:00 昼食
13:00 茅刈り再開
15:00 仕事終了、解散
ボクは10/30-31と11/6-7に参加します。車に同乗可。
申込みはこちらへ。
現在、3名の方が名乗りを上げてくださっています。

キャノン EOS-20Dを取り次ぎます。

本体: 161,000円
予備バッテリー: 5,300円
1GBのCFカード: 17,900円
Sレンズ: 
17-85mm 60,000円
10-22mm 67,800円
その他の付属品、レンズも価格交渉できます。
ただし、現金払いのみ。製品は依頼するカメラ屋から直送。
注文、問い合わせはこちらから。

読者からのメールや質問やヤジ
patamamaさんから
 昨日グループに参加申し込みをいたしました、patamamaと言います。
 先月から、kit先生のメルマガ「お散歩デジカメ」を溜息混じりに眺めております。私は3、4ヶ月前から写真を撮り始めました。それまでは撮る事も撮られる事も好きではありませんでした。ちょっとしたきっかけから撮るようになりましたが、ただ撮るだけで、基本はもちろん言葉すら知りません。

 ただ撮るだけでは進歩もないであろうと、皆さんにアドバイスをしていただくべく、参加させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。あまりの下手くそに笑わないで下さいね〜。掲示板に投稿すればいいのですね?
hanaちゃんから返信
  hanaです。
 はい、まずは二つ目掲示板に投稿なさって、投稿のシステムと歯に衣着せぬメンバーからの講評になれてください。
ふんだりけったりで気持ちが落ちこんでしまわれないように!みんな1枚だけ部屋に飾れるとしたら・・・という気持ちで見ていますから、その1枚にするためには、ここがいらない、あそこをこうした方がいい、などと好き勝手を言います。それが的確な指摘かどうか・・・それは個々人の受け止め方ですから。
 どうぞ楽しく撮りましょうね。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 > 掲示板に投稿すればいいのですね?

 昨年のちょうど今頃、何も知らない状態からスタートした私です。最初の頃はみなさんに、露出って?シャッタースピードと露出???といった具合に質問しては、色々と教えていただきました。たくさん詳しい方がいらっしゃいます。どうぞ写真関連、あるいはパソコンの操作などで行き詰ってしまわれたときは「けっけっ掲示板」の方へ質問を送ってみてください。必ず誰かが答えてくれるはずですよ!
せんさんから
 せんです。このメールは九州撮影会参加者宛です。
 23日撮影予定の九十九島の夕日と24日撮影予定の島原城の両方でフォトコンテストを実施しているようです。せっかくですから、撮影会で自由に写すのもいいですが、今回は両方のフォトコンテストに出品する作品を撮影することとしませんか。デジカメ可、プリントした作品を提出のようです。

 最近はネット撮影会提出作品の撮影に追われる毎日ですが、ただ撮影するよりも、課題を与えられての撮影は勉強になります。ということで、九州撮影会の作品はフォトコンに参加するぞ!にしましょう。それぞれアドレスをのぞいてください。
返信
 いいですね。グッドアイデアです。フォトコンに作品を提出するかしないかは各個人の自由ですが、そのつもりで撮影に臨むというのは気合も入るし、目的意識があると撮影自体も楽しくなるので、是非そうしましょう。
ぽかりちゃんから
 皆様、ぽかりです。
 松之山の撮影会の参加したまま、あまりにも居心地のいい割勘荘にそのまんま滞在して、今し方ようやく戻って参りました。

 撮影会では皆様本当にお世話になりました。とても楽しい撮影会でした。はるばる出かけた甲斐があったというものです。大変おそくなりましたが、この場を借りて、御礼申し上げます。

 松之山は自然もすごく魅力的ですが、そこに住んでいる人々はもっともっと魅力的だということを今回痛切に思い知らされました。撮影会以後の毎日は、野鳥の声を聞きに山に入ったり、きのこをとっておいしいキノコ汁を食べたり、隣町までジャズコンサートを聞きに行ったり、おいしい寿司屋やジャズ蕎麦屋で宴会したりと・・写真とおもいっきり無関係なことばかりして、遊び呆けてしまいました。あ、もちろん温泉は毎日入りましたよ♪

 たくさんの人と素敵な出会いがいっぱいありました。特に割勘荘の女主人「とよちゃん」こと「つるたとよこ」さんと出会ったことはすごく大きかった。。。本当に「命の洗濯」をしたと、いやもっと洗濯したかったと(笑)、後ろ髪を引かれる思いで、泣く泣く帰路につきました。きっとまた行くとおもいます。

 最後になりましたが、
 師匠、楽しい撮影会へ参加させていただき本当にありがとうございました。おかげで、とても素敵な経験をさせていただくことが出来ました。写真もまだまだ未熟なことを痛感させられました、課題山積です。。。いろんな意味ですごくいい休暇になりました。

 これから写真などを整理して順次、アップしていきます。とりいそぎご連絡と御礼まで・・・。
返信
 ずいぶんのんびりしたようですね。ボクも最近、移住したろかいな、と考えるぐらいに松之山が気に入っています。今年はだいたい1ヶ月に2度のペースで出かけていますが、普通は「もう十分」と思うはずなのに、行けば行くほど好きになるところです。来月は、今予定しているだけでも3回行く予定です。
ネムちゃんから
 今月の宿題「祭」ですが、10月9、10日と秋の高山祭です。9日は仕事なんですが、10日は日曜日なので行ってみたいなぁと思っています。
 けど、今年はお祭りが土日とあって大変な混雑が容易に想像でき、正直迷っています。どうも僕は人ごみが苦手なようです。
返信
 高山祭にはボクも一度は行ってみたいと思っています。残念ながら9、10日は予定が入っているので今年は無理ですが、来年は是非、と考えているところです。
キット@呑んだくれのブログ
毎日アップしています。
  
7月のネット撮影会作品集が完成しました。
「ふぉとぎゃら」の「ネット撮影会作品集」からお入りください。
房総撮影会の作品集が完成。
こちらですよ。
第2回北陸撮影会の作品集が完成。
こちらです。
松之山ミニ撮影会の作品集が出来上がりました。
こちらからどうぞ。


≪お散歩ネット≫
 お散歩ネットは、撮影会に参加した人たち、いつかは参加しようという人たちのメーリングリストです。このMLに参加すると人格が変わるだけでなく、言動が常軌を逸し、世間に顔向けできなくなる危険があるばかりか、人生を棒に振ります。参加は自己責任で! 現在、会員数は270名、
最年少は7歳、最高齢は80ん歳、
(↑12倍ズーム!?)
デジカメ好きに隔てはありません。
会費は無料です。
お散歩ネットに参加する
Powered by groups.yahoo.co.jp
【特典】 お散歩ネットに参加すると・・・
[1]2つの専用画像掲示板でみんなに寄ってたかってけなされることができる。
[2]1日に10通以上のメールが届くようになり、寂しい人生に彩りが加わる。
[3]自分が奇人変人であることを意識しなくなる。
[4]分からないことはすぐに質問するようになり、自分で努力しなくなる。
[5]デジカメを抱っこして寝るようになり、家族に疎外される。
[6]アイコンを登録できるようになり、近所を歩けなくなる。
[7]朱に交われば
赤くなる。

撮影会のご案内
(講評会場予約のため、参加するには申込みが必要です。)
お散歩ネットの撮影会は、デジカメ初心者のための撮影会です。できるだけお金をかけないで、写真と仲間同士の交流を楽しむことが目的です。参加費は3,000円(講評料)+実費割り勘です。
10月2、3日(土、日) 第2回東北シリーズ
 民俗の里遠野の風景
申込み
10月23、24日(土、日) 第1回九州撮影会
 島原半島を巡る。
申込み
11月中旬(1週間) ラオス・タートルアン大祭と
世界遺産の町ルアンプラバン
(参加費25万円前後の予定)
申込み
12月23日(祝) 都内・撮影会と忘年会
申込み

ミニ撮影会のご案内
ネット会員同士が誘い合わせて行く非公式撮影会です。飛び入り参加自由。参加費は無料、自分の交通費や食費など、実費だけの負担です。
10月24日(日) 会津若松SLミニ撮影会
申込み
11月14日(日) 京都西山ミニ撮影会
申込み

ネット撮影会
■ テーマ: 「祭り」
 秋といえば秋祭り。各地のお祭りを取材してください。ただし、こじつけはダメ。「運動会はお祭り騒ぎではあっても、お祭りではありません」と先日書いたけど、考えてみれば「体育祭」という呼び方をしている学校もあるな。文化祭がOKなら、体育祭をNGにする理由はないか。各種イベントについては、お祭り的な要素が強いものであれば可とします。
■ 撮影期日: 10/1〜10/24
■ 提出期限: 10/25
■ 応募は一人3枚まで。デジカメによる単写真(モノクロも可)に限ります。
■ 講評料: 1枚1,000円
応募に際しては必ず応募規定をご覧下さい。

「写真が表示されない」「投稿できない」など、操作上のトラブルに関するQ&Aを設けました。
困ったことがあったらまずこちらへ。