このメルマガはHTML形式で配信されており、テキスト形式では画像が表示されません。メールソフトの受信設定をご確認ください。






アゲハ・その後 2009/09/04 FRI (No.2344)

 昨日のアゲハの幼虫が成長した姿である。というのは真っ赤なウソ。そんなに早く成虫になるはずがない。成虫になるのは、サナギ段階の写真を撮ってからにしていただく。近所の田んぼに探しに行ったのである。たくさん飛んでました。しかしまあ、あのアオムシがなんでまたこんな姿に変身するのか、自然って面白いね。
 昨日分の配信が1日遅れの夕方近くになってしまったが、ここに至るには涙ぐましい経緯があったのである。昨夜、というか、今朝の午前3時半、やっと書き終わったと思ったとたん、パソコンがいきなり勝手再起動してしまい、成果が瞬時にして消滅してしまったのである。再起動後にソフトを立ち上げてみたが、自動保存データも見つからなかった。
 ウィンドウズをVISTAに変えてから、さほど頻繁ではないけれど、ちょくちょくこういうことがある。どうも、裏で勝手にウィンドウズが自分の更新作業をやり、それが終わったところで再起動モードを発動させるみたいなのだ。事前にお断りしてくれれば、急いで作業を保存するのに、それがないから不意打ちになるわけである。
 評判が悪いVISTAに代わって、WINDOWS 7がリリースされた。ベータ版で一度案内がきたし、製品版が出たときもご案内いただいたけれど、まだ入れていない。とにかく、ウィンドウズは怖いのである。1年か2年経って、ある程度評価が固まってからじゃないと入れられない。しばらくは、この勝手再起動に悩まされなきゃいかんようだ。
 明日から2日間、石巻沖合の田代島、別名ネコ島に行く。その間のプレミア版ダミーを出しておかなきゃいかんので、今日は忙しい。それなのに、一度書いたメルマガをもう一度書きなおしである。泣きたいよ、まったく。





購読解除はこちら
全バックナンバーはこちら

感想、ご意見などはこちらから。


お散歩デジカメ Premium Version
日刊の有料メルマガ
購読料1,050円(月間)はクレジットカードからの自動引き落としです。
普及版と同様、「一日一枚」ではありますが、
有料だけのことはあるな!
という内容になっとります。
写真が上手になりたい人や、
キットのせいで人生を誤りたい人は
購読して後悔することはありません。
今日のプレミア版
【内容】
展示作品
通常版「廃屋」
エッセイネコ島行き
今日のポイント手に馴染む
ネット撮影会講評休載
廃屋



お散歩ネットの撮影会
読者同士が誘い合わせて行く撮影会です。会員ならだれでも呼び掛けることができます。ドタ参自由。参加費は原則無料、自分の交通費や食費など、実費だけの負担です。非会員の参加も可。ただし、病みつきになることがありますので、ご自分の生活スタイルを崩したくない人は十分ご注意ください。
開催日 言いだしっぺ 内容
9月5-6日(土日) ごん太(東北支部) 猫島(石巻市田代島)のんびり撮影会
9月13日(日) kyoko(関西支部) 大阪南港阿波踊り撮影会
9月19-20日(土日) Ukiuki(九州支部) セイヤさんを迎えて大宰府&皿山撮影会
9月26-27日(土日) JIRO(関東支部) 房総保田定置網漁撮影会
 船盛り料理と温泉付き
10月10日(土) Taka(関東支部) 佐原の大祭・秋祭り撮影会
撮影会名を明記の上、お申込み、お問い合わせはこちらへ。
お散歩ネット会員はGREEコミュニティへ。
※この色の撮影会にはキットくんも参加します。
ネット撮影会
9月のお題は「携帯電話」

撮影期間:9/1〜9/30
提出期限:10/1
一人3枚まで。
投稿規程は
こちら。よく読んでください。

≪お散歩ネット≫
 お散歩ネットは、撮影会に参加した人たち、いつかは参加しようという人たちのコミュニティです。これに参加すると人格が変わるだけでなく、言動が常軌を逸し、世間に顔向けできなくなる危険があるばかりか、人生を棒に振ります。参加は自己責任で! 現在、会員数は553名、

デジカメ好きに
隔てはありません。
会費は無料です。
入会申込みはこちら
【特典】 お散歩ネットに参加すると・・・
[1]画像をアップしてはみんなに寄ってたかってけなされることができる。
[2]いろんな友達ができ、寂しい人生に彩りが加わる。
[3]自分が奇人変人であることを意識しなくなる。
[4]分からないことはすぐに質問するようになり、自分で努力しなくなる。
[5]デジカメを抱っこして寝るようになり、家族に疎外される。
[6]朱に交われば
赤くなる。
「お散歩ネット」に参加して、

さらに!
お散歩デジカメ Premium Version」を購読すると、
【特典】
[1]ネット撮影会(通年、ならびにマンスリー)に参加でき、ケチョンケチョンの作品講評を受けることができるため、性格がマゾ化する。
[2]「ベスト100プロジェクト」に参加し、年間優秀賞の100枚に選ばれると、写真展に展示してもらうことができる。
[3]購読料を毎月1,050円も支払う必要があることから、無駄を省く生活が身につき、清廉潔白な余生を送ることができる。
[4]この普及版と併せて、プレミア版のエッセイも毎日読むことになるので、キットに感化される度合いが倍加し、人格崩壊速度が速まる。